目には見えない世界の法則

目には見えない世界というと宗教やオカルト、お化け等をイメージする人もいると思います。宗教といえばキリスト教、イスラム教、仏教や分裂された団体等を数えていくと星の数に近いことでしょう。いずれの団体の経典や教えは素晴らしいものがあります。そうした教えがこれまでの世界を生み出してきているという事実もあります。共通点といえばどこも自らが正しく異なるものは間違っていると言っています。多くの人が望む安全、安心、安定が欲しいなら、その団体から離れることなくよそ見をせずにその井戸の中にいるのが一番ということになります。オカルトやお化けはどうでしょう。これはただ単純に知らない、分からないということからくる恐れや拒絶という自己防衛としてのラベリングになってくるのではないでしょうか。
ここでは目には見えない世界の法則を扱っています。自然の力に注目しています。上記の事柄の根底にあるものです。ヨガや武道でいう丹田と関係しています。玄武、青龍、白虎などの風水とも関連しています。五感もそうです。鍼治療の気の流れもこれです。通常の人はほとんど分からない世界です。そのため、最初から白い目で見る人もいます。いわゆる分かち合えないとか分からないという言葉が耳に入ります。その分からない世界を分かりたい為にヨガや武道という道の世界があります。一般にこの分からない世界を分かってしまうと法則性が見えてきます。するととても簡単です。それは短所を治す必要もなく、悪いということが角度によってはとてもいいことにもなってしまいます。世間というレールの上に乗っているままでも支障ありません。レールに乗ったまま、異なるものも見えているので柔軟性とか奇抜な発想も身に付いてしまいます。どうしたらいいんだとか行き詰まってしまったとかは残念ながらありません。そういう事ですので文章化は偏りを持たれやすいのでなかなか大変です。そうした法則性から生み出されているものがあります。東京にいながら遠隔地の手術をする、ドライバーのいないタクシーが街中を走る等の5Gの時代がこれです。人間本来の根元的な能力、太古の昔に失くしたと言われている人間本来の全ての力をここによみがえらせることのできる時代だからこそ、AIという人間がやらなくていい、その代わりに退化してしまったと思われている能力を生かす時代です。
ここで認識して頂きたい事柄があります。それは私達の身の回りにすでに活用されているものです。テレビやラジオ、通信機のように電力で人間が意識的に作っている周波数です。この地球に生きている全ての生命体にある周波数。これは人間でいうと一秒間に数万から数十万振動しています。意識的に感ずることはたぶん出来ないことと思います。この振動により私達の身体が構成されているという事実もあります。例えば振動しているからこそ人は音に関心がいくようになっています。安全か危険かの判断基準がこれです。誰もがなんとなく感じている気分がいいとか悪いとか。あの人は素敵な人ね、なんとなく気が乗らないので別れちゃったもこれです。これを様々に展開していくと音楽やダンスになっていきます。世界中の部族や民族、クラシックからポップスやジャズに至たるスウィングしたくなるのもこれです。もっと応用してくると料理や衣服への関心から限りなく表現方法が広がっていきます。私達はそうした中にいかにも当たり前のこととして何の関心も疑いももたずに生きているのではないでしょうか。亡くなられたビートルズ、クィーンやマイケルジャクソン等が民族、国家、宗教を越えて愛されていったのもこれではないでしょうか。この振動の中に生きている私達は、もっとらくにもっと楽しく好きな人生を死ぬまで続けていきたいと私もみんなもそうあってほしいと考えています。そうなると思い込みや幻想では生きていけません。足元である現実を認識することの必要性が出てきます。