ブログ

2022-12-01 07:53:00

可愛い私

今話題の宇多田ひかる、ファーストラブのドラマ化が面白いとのこと。
個性的で独自の路線をマイペースに一歩一歩歩んでいる素敵な宇多田さんです。
有名な宇多田さんではないけれど、一歩一歩自分のペースで古い箱から抜け出て一歩一歩歩んでいる人もいます。
まだ脚光も浴びる事もなく注目されるわけでもないけれど歩んでいます。
このブログを毎回見て下さる方の中にもそうした方がおられると感じています。
数年前にGETING OUT OF THE BOX邦題では箱という本の事を取り上げたことがあります。これを研究しているんだというグループもあるのだそうです。
言い換えれば、この箱の中にいることである意味に於いてはらくではあるけれど、窮屈で退屈でワンパターンで飽きてしまうけれど…その箱から出ていくのは不安だし怖いし面倒だし何があるかわかんないし…だからこのままでいいや、だからもっと楽しみたいからこの箱から出ていきたいと色々な反応を見せてくれるものです。いざ、こうした箱から出てみると…あら、こんなにらくなの、こんなに気にしなくていいの。どうして早く古巣の箱から出なかったのだろう。知らない分からないことに対する拒否反応だったのか、人は自分が思うよりはるかに保守的、現状維持派なのかもしれない。
周りから見れば他人から見れば、なんも変わってないじゃないかという声もあります。その人の基準から見れば、きっとそうなのでしょう。
残念ながら気づいた人から見れば、箱から出た生き方をしている人から見れば、それはすぐに分かるけれど、そうではない人から見れば変化が分からない、理解できないという可能性が高いものと思われます。
抜け出したものからすれば、それも楽しいし面白い出来事でもあるようです。
箱の中にいる時は、意識しようが無意識であろうが…とにかく人の目、世間の物差し、伝統にかなった保守的な生き方考え方等々にエネルギーを注ぎ、それを出来ない時は自虐的になったりと、自己評価は常に常に低いところに置いたままであったように思われます。
世間様を変えようとはこれっぽっちも思っていないので、この枠からはみ出てしまっている自分って、とってもとっても愛おしいし可愛いし、今までに自分のことを好きになんかなれなかった私が、今は自分のことが大好きになっていることがとても不思議だし、ワクワクしてしまうのです。
きっかけは小笠原理論でした。

2022-11-24 07:28:00

ありのままの現実とは

宇宙の流れの変化、銀河系も太陽系もある周期の中で変化してきているというのが小笠原理論の核なのです。
そうはいうものの目の前で起こっているのは嫉妬やひがみ、優越感に浸れない、以前のように思い通りにならない。大好きな彼が私に振り向いてくれない。俺はただやりたいだけなのに面倒臭いことばっかり言う女はもう嫌だ…というような相談や対策が何かないかというのもあります。
もちろん宇宙の流れの変化が私達の世俗的な出来事にも強く影響している、これからも影響してくるというのは十分に理解はしているけれど、目の前のマウンティングの話しや損得勘定に終始する話しは…立場上致し方ないのでしょうか。
一般的には18歳の選択により一生は決まったと言われています。
変更を考えるにしても転職は35歳が限界だと言われています。
私達日本人の深い意識の底で士農工商という階級レベル意識を消し去るのはなかなかなのかもしれません。
それを打破し脱皮してうまくいくのも少数派。
18の選択以降、30歳で意欲は半減。40歳でもはや妥協。50歳過ぎれば惰性と諦めが主流ではないでしょうか。
結局のところ、10代20代で身に付けた技術や職業で一生を終えていくというのが、まだまだ日本の客観的現実のように思えます。
かと思えば飛び抜けていこうとすると、コンビニ感覚から抜け出せないのか、ちょっと面白くないちょっと気に入らないちょっと努力しないと成立しないとなると…なんだかんだと逃げてしまう人がほとんどではないでしょうか。
それが現実だよと思う方が多いようです。
はじめに書いた通り、宇宙の流れが変わってきています。
温暖化だとか洪水だ魚が捕れないブラックホールが見つかった火山の噴火とかLGBTも政治家のあれこれも宇宙の変化と相関関係にあるというのは否定できない現実のようです。
これに同意するとか異議はないとしたら、素直に小笠原理論の応用編による活用となるのも一考かもしれません。
このブログにメールしてくる方の中で、俺は知っているんだ俺はお前よりわかっているんだと言っている方、お顔をお声を飛ばして来ませんが、何か対策なり知恵をメールして下さいませんか。あなたの提言が世界を良くしていく一助になるのなら、こちらも微力ながら協力させていただきたいと考えています
マウンティングや自己承認発言のメールでは意気消沈してしまうのです。

2022-11-17 07:32:00

菊の季節

私…会社内で浮いているみたいなんです。
仕事はミスもなくきちんとやっていると思っているし、仕事の評価は良いほうだと思います。
でも…昼休みだとか仕事が終わった後の空気感というか、なんか雰囲気がぎこちないのを感じています。
どうしたら良いのか何をすれば良いのかが…よくわかんない。
相談する相手もなかなか…。
こんな話しがここに今入ってきています。
このブログを読んで下さるあなた、どうしますか。
手前味噌と言ったら恐縮してしまうこちらではありますが、こうした問題のその先にどうなっていくかとか、どうしてこうなってしまうのかということは、こちらとしては非常に簡単ではありますが、相手様のメンツとかプライド、立場とか先々のことを考慮すると、なかなか答えにくいし、相手様があーなるほどと自らが気付いていくという言い方しか、こちらにはできないしそれのほうが相手様のためだと思っています。
ここにこのように書いているというのは、しょっちゅうではありませんが、数年前よりこうした内容のものがよく入ってきます。たまたままた入ってきたのでここに書いているということです。
こうした経験なり状況なりに触れたことのある方は、たぶん相当に多いのではないかと思うのです。
自分の思いを達成する方法として、例えばプーチンのように思いの丈を感情や暴力で実行する。かたや習近平のように、相手様が気付かないように感じ取れないように複雑で入り組んだ状況を作り、相手様が生きていく上で必要なもの、欲しいもの、生きていく上で絶対必要不可欠なものに対し、ゆっくりゆっくりと自分の思い通りにならざるを得ない状況や環境を作り、静かに相手の急所を掴むようにしておく。
習近平がメッセージを出したとき、相手が否定してくるとその生命線を止めるぞと脅し言うことを聞かせるという方法があります。
今や日本もオーストラリアもスリランカのような状況が作られてきているのではないでしょうか。
プーチンも習近平もコントロールして相手を思い通りにしたいというのは同じでしょうね。中国のほうが狡猾だということになります
こちらでは最初に書いた相談者のような方を、こちらの都合の良いようなコントロールをする意向はありません。このブログを出して以降は特に意識的に避けています。
もっとお互いがメリットを得る方法があると思っているからです。
私もそうですが、他人からコントロールされるのはすごく嫌です。だからこちらからはしません。

2022-11-10 09:36:00

明るい未来が

立冬も過ぎ年末へのステップが一段と近くなってきました。
442年ぶりの皆既月食・天王星食も過ぎ、新たな時代のエネルギーが一層流れやすくなってきています。
自分の思い通りになるって言われたからやっているけれど、なかなか自分の思い通りにならないって言うのはどうしてなの。
こんな内容の話しがここのところ複数入ってきています。
大変ね、頑張っているのねという言葉で口火を切り話し始めています。
今、何をし何を考え何をやっているかというのは人様々です。
ポジションも理解度も行動力も捉え方も人様々です。
やってるふりをしたりやっているけれど心がなかったり、口だけで全然やる気のない人もいるしどつぼにハマってやりたくてもできない人もいるし、一番情けないというかがっかりしてしまうというかは、他人も自分もごまかして見せかけばかりにエネルギーを注いでやってるやってるという人です。こうした方はどんどん逆の方向に無意識ながらですが進んでいくことになります。
そういった意味で自然のエネルギーとは怖いとも言えるし、強い見方にもなってくれるし、特に私なんかたいした人間でもないし私が頭で考えることなんて、現在の日本の銀行の金利くらいのものなんじゃないかと思っています。
こういう時はアメリカの国債を購入した方が良いのかもしれません
よく耳にするのは、会社にいると人といると笑顔で楽しそうに振る舞っているけれど、なんとか自分の寝床に戻り自分一人になってみると、つくろっていた見せかけの自分ではなく、心の中のありのままの自分を見てしまう。
一言、悲しいとか寂しい、なんでなんで…という人が思いのほかに凄くいるっていうことです。
そりゃあ隠したいですよね。
そりゃあ見られたくないですよね。
そうした生き方もあるし、誰にでもとは言えないけれど、特定でもいいからありのままの自分を見られても許容できる生き方って…。
ここのところ複数入ってきている質問に対しての対応は、焦ってはいないか、マクロ的な視点に立っているのか、エネルギーへの理解はとかとなります。
関心のある方はお立ち寄り下さいませ。

2022-11-03 08:15:00

Nothing But Everything

目には見えない世界の話しをしているこの人って、なんか相当に頭がおかしいんじゃないの。
こんな言葉を先日浴びせられてしまいました。
このブログを読んで下さるあなた。
あなたはどう思っておられるのでしょう。
そうかもしれません。
頭がおかしいのかもしれないとは、10代中頃からも思っていました。
その後数多くの書籍に向かい、お金が続く限りに色々な会合に参加してきています。
なんかみんな変なことばっかり言っている会合でした。
どうして広島や長崎に原爆が落ちていて、本当に日本を潰したいのなら…そりゃあ東京でしょう。 
どうして東京に落ちなかったのか。
これを調べていくと実は東京に原爆を積んだ飛行機は飛んできていたのです。
ではどうして東京まで来れなかったのかという謎があります。
すでにその理由は知っていますがここには書けません。
あのマレーシア航空の飛行機が突然消えてしまう。その残骸も見つからない。
これがヒントです。
そんなかんなではじめてここに来る方の中でも色々な人がいます。
私自身もそうだったのでしょうが、色々な出来事、色々な立場や境遇に前ほど感心が持てなくなっています。それこそ捉え方が世間様とは異なってきているのでしょうね。
例えばハロウィンで渋谷に人が集まると言います。渋谷に行ってコスプレして楽しくて楽しくてしょうがないという人もいます。
公のお巡りさんに囲まれて安全地帯となった中で、俺は自由だ、私はかっこいいんだ、ここに集まった人達とひとつになったみたいで一体感が持てて幸せよ…と言っています。
見方を変えればお砂場でお母さんに見守られながらお遊びをしている幼児と同じ事になります。
このブログを読んで下さるあなたも私も日本の国民でしょうから、日本の政府に見守られながら当たり前のように道路を使い上下水道を使い安全な電車に乗って毎日を過ごしているという意味では同じかもしれません。
その自由を訴えるだけの責任を取り権利を訴えるだけの義務を果たしているのかという違いはあるのかもしれません。
そうした当たり前と思っていて見向きもしない事柄に意識を向けていくと、だんだんと次第に目には見えない世界が確実に現存し、その違いの中で異なった次元の人々が同じ場所同じ環境の中で過ごしているということに認識を覚えるのではないかと思います。すると、同じ次元同じ周波数同じ意識の人達と交流をしていくというのは、思った以上に幸福感というか安心というか安堵感のあるらくで楽しい瞬間の連続を過ごすこととなっていきます。無理もないし我慢もないし…今までに捉えていたらくで楽しいという世界とは異なった世界が目の前にあるということでしょうか。それは誰もの目の前にある現実でもあります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...