ブログ

2021-08-05 08:41:00

辛いぎっくり腰

嫁姑といえば人類が始まって以降の不滅の問題のひとつなのかもし れません。どこかの国では男より女の地位が高く、すべての事柄を 決めていくのは女主。問題はその後継者選出のようです。嫁入りし ても子ができないと離縁とか尼さんにという事もあったようです。 その人間関係は当然のことながら私達の今の時代でもあるわけであ って、この出来事の話はエンドレスになりがちです。では小笠原理 論を具体的に実行していくとどうなっていくのでしょう。理屈事態 はもうこれでもかこれでもかという位たくさんあります。理論的に は知っている方がほとんどではないでしょうか。それにも関わらず 次から次へと出てくるという事は、うまくいっていないという事に なると思います。今では認知症だとか介護だとか遺産分配の事まで 計算しなければなりません。いっそのこと嫁入りしなければいいという 人も出ています。何れにしても誰だって自分の都合、自分の立場を 優先的に考慮するのは当然の事でしょう。ではどうあればこうした 不滅の問題から解放されていくのでしょう。前回、 4つの断片的状況を書きました。なんだかちっとも訳がわかんない よという声も入ってきました。今回の嫁姑問題も同様なのかもしれ ません。何れにせよ、小笠原理論の表面だけを知った上で日々の生 活を営むのと小笠原理論の本来の意味を知った上で日々の生活を営 むのとでは大きなギャップがあるのは… これも当然の事かもしれません。だからといって力む事で問題解決 の道に入っていくことができるとも思えません。 ではどうしたらいいのでしょう…。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-07-30 08:49:00

私の生き方私の人生

あー、ゴメンナサイゴメンナサイといつもの言葉が流れます。この 方は時間を守らない、時間が守れない方です。何度言ってもその場 の謝罪だけで時間が守れないのが常態化しています。誰もがご存知 の通り時間を守らない方はどんなに有能で地位名誉があろうとも、 評価及び信用度は格段に下がります。2、なんだかいつも渋滞して て時間がかかっちゃうのよね。時間がかかっちゃうからと言ってい つも30分は早く家を出るのだけれども… いっつも混んでいて時間がかかっちゃう。もうやんなっちゃう。 3、テレビ報道やSNSの情報から渋滞する、混雑する、早めに出 た方がいいと耳にしているのに、どうしたことだろう。すごくスム ースだった。少しは混んでいたけれど、自分が移動するにあたって は支障がない。しかもこれまで同じような事があってもいつもスムースに来れてしまう。なんでだろう。まあ いいか、そんな事どうでもいいや。4、自転車が好きでよく乗り回 している方がいます。自転車ですから当然の事ながら天気に左右さ れます。この方もどうした事でしょう。晴れた日には用心のため雨 具を携帯しています。毎回携帯していればいいと思うのですが… そうはいきません。面倒臭いとか忘れちゃうとか、いやいや自分は 大丈夫だと自分だけはと思っているのでしょう。この方はよく雨に 濡れてしまいます。会社にシャワールームを備えて欲しいと本気で 思っている方です。本当に他人から見てもよく雨に降られてしまう 方です。上記の4例は現実にある現象です。 1の時間を守れない方は、自分が悪いなどとはこれっぽっちも思っ ていません。どうして自分は時間が守れないのかと不思議に思っている方です。とても誠実だし優し い方でもあります。2の方も決して渋滞にはまりたいなどとは思っ ていません。工夫して道路もよく変えています。それでも時間通り には移動できない方です。この方も優しい方です。 4の方も優しい方です。正直だし人の気持ちを汲もうとする心の配 慮ができる方です。にも関わらず天気に恵まないという事実があり ます。3の方は以前は2番の方のような生き方をしていました。ど うした事でしょう。いつの間にか何をやってもどこに行っても、ス ーパーに買い物に行っても比較的スムースだし欲しいと思っている ものが結構早くに入手してしまう方でもあります。1~4の生き方 の方があなたの周りにもいませんか。本人達は作為的にやっている わけではありません。なんかそうなってしまうのです。たぶん上記に上げた以外にも生活のひと つひとつに同じような現象を有している事でしょう。人は無意識の うちにこうした行動パターンを持っているものです。それが当たり 前で普通で自分にはなんの責任も原因もあるとは、これっぽっちも 思っていない事でしょう。これを読むあなたもそうは思いませんか 。道路が混んでいるのが自分に責任や原因があると思えますか。と にかく面倒臭いからどうでもいいから3番のような生き方をしたい と本気で思っている人もいます。原因なんてそんなもん分かんなく ったて、そんなもんどうでもいいよ。3番のようにらくで楽しくて 好きな生き方、スムースな生き方が現実にできればいいよと思って いる人もいます。さて、この現実をあなたはどうしますか。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-07-23 08:57:00

フィッシュマンズの佐藤さん

パラレルワールドとか周波数が異なっているというのが前回の文章 なのかという質問が入ってきました。このブログを読んで下さるあ なたはどう捉えられましたでしょうか。 最初に挙げた捉え方の一つ目は、多くの方がなさっている事と理解 された事と思います。ご自身の固定観念や定義が自分自身が作った ものではなく、先人達や世間様、国の偉い人達が作ったものを何の 疑いもなくそのまま受け入れて日々の生活を営んでいる普通の人達 と思います。小笠原理論的にいうなら天動説とか他人軸という事で しょうか。オリンピックやるから応援しなくちゃとかコロナのワク チン打つからなんの疑いもなく打たなくちゃ、 去年多かった自粛警察、SNSで騒ぐから俺も一緒に騒いでしまえ 。長男だから家を継がなくてはとか結婚しないといけないとか、子供を生まないととか、あの人が原宿のデザインの服着て るから私も着なくちゃ、今流行の靴だから私も履かなくちゃとか田 中みな実が使っている化粧品だから私も使おうというようになりま す。あえて考えるとしたならどうやって自分を目立たせよう、こう したら他人が自分をより高く認めてくれるかというような試行錯誤 はなさることと思います。二番目はやや柔軟になってきます。夫婦 別姓もいいじゃないか。LGBTも尊重しようよ。入管法を真剣に 考えるべきだ。男らしさ女らしさでいいのかとかサンプルは無限で す。三番目としてはなかなか誰もが考えてもいない考えようともし ていないことかと思われます。もちろんこの分野に関して書いてい る作家や小説家もおられます。なんか注目度は低いように見受けら れます。つまり誰もが注目しているわけではないけれどここがクリアになると パラレルワールドという事がすぐ目の前の出来事でありその異なる 世界が美味しくなるポイントであり、小笠原理論でいうらくで楽し く好きな事だけで生きていけるという事を実感できるという事でし ょうか。一番や二番だとトリックもあるし下手すると幻想の中に埋 没してしまう事になってしまう可能性が異常に高いという事にもな ります。もっと詳しく知りたいと思うのなら…。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-07-16 08:40:00

心のときめき

前回の文章に対する意見が二三ありました。皆さんも色々と考えて いるのですね。そのように考えるというのが固定観念に何の疑いも なく何の疑問もなく考える、それをどのように具体的にしようかと 形式を重視した考え方というのと、この観念というかこの定義がど うなのか自分にマッチしているのかその観念でいいのか、この先も この固定観念をベースメントにしていて大丈夫なのかというのがあ ります。上記の2つが一般的な考える対象ではないかと私は思って います。このブログを出している理由なりこのような文章を何年に も渡って続けている理由は、上記の2つの考え方とは異なります。 つまり観念や定義の奥の話がベースとなりあれやこれやとなってい ます。だからと言ってここに足を運ばれた方にこの奥の話をするか というと、それは個人個人の都合により一概にお話すると決めているわ けではありません。そこまでに掘り起こす段階になっている人もい ればなっていない人もいるわけであって、この辺は非常に個人差の 激しい領域であるということが、色々な体験から理解に至っていま す。明治時代の末松さんの行動エネルギーは、明らかにここにある 事がはっきりとわかっているので出しました。末松さん自身のなさ った事を理解する事は誰もが無理も難題もない事と思っています。 所詮過去の事ですから、私達の毎日の生活に大きく響いてくるとい うことは何もないと思います。コロナだオリンピックだデフレだ低 金利だ仕事がない世界水準から下がっている等々と言われている私 達の現実です。観念の奥にあるものを明白に認識したとしたならば …小笠原理論書に書かれていない、本当に面白いワクワクしちゃう現実 が見えてくるものと思っております。 そのために末松さんをクローズアップしただけなのです。そしてこ の辺に感心があるのは女性が多い事に認識をしています。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-07-09 09:37:00

行動の源には

私達が毎日体験している現実。この現実というのは誰もが知ってい るように自分が生み出ている、または自分が生み出したものである 事を認識するからこそ、これからどうしようかとかどこにいこうか とか何をしようかと思うのではないでしょうか。言い変えれば目先 を変えれば何かが変わると信じ続けながら毎日が過ぎていっている ように思います。多くはないけれどこちらに足を運んで下さる方々 もその一つの手段としてこちらを選択なさっているものと思います 。私達は微力ですから明治時代に時代を変えた末松謙澄さんのよう にはいかないかもしれないけれど、末松さんがなさったことの恩恵 を現在に生きる人々は誰もが受けているという現実があります。こ ちらに遊びに来て下さる10代の女の子は個性を持ち自己主張をし てきます。おそらく親がそうなのでしょう。誰もが親に育てられ環境に馴染 み生まれた境遇や文化を受け入れ吸収して現在に至っています。 別の言い方をするなら、他人の真似をし他人の考え方を生き方を自 分のものとして育っていきます。社会に目を向ける人なら図書館や 本屋さんとかマスメディア、SNSを活用し視野を広げ自分の感性 とぴったり合うものを見い出し、そして自己流のオリジナルがスタ ートしていくように思います。そんな当たり前の事を書きたいわけ ではありません。この現実個人個人の現実を気に入ろうが気にくわ ないと思おうが、まずは自分が積み重ねてきた結果であるというこ とだと思います。積み重ねてきたということはどっかに始まりがあ るはずです。その始まりはどう作ってきたのか。 言い方を変えるならどんな観念や固定観念が今という現実を作ってきたのか。観念の内容によっ ては現実を見ているようで、実は観念による幻想を見ているだけな のかもしれません。だとしたら現実は面白くないと思います。明治 時代にベースメントのなかった中で、イギリスに渡って勉学を重ね たとはいえ末松さんの影響力がなければ日本のジャズ、歌謡曲、フ ォークも何もなかったのかもしれません。末松さんが持っていた観 念が今の文化を今の生き方をする私達が引き継いでいるという事実 があります。私達もできるのかもしれません。そう書けば、私なん かダメよとか私が時代を変えられるわけないじゃない、私は末松さ んとは違うわよと思う人もいるでしょう。自分が自分でできる事を 積み重ねていくだけの事を末松さんも私達もやっているだけのよう に思います。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける