ブログ

2022-01-11 08:32:00

一年の抱負

沖縄県石垣島から船で何時間かかるのでしょう。西表島があります 。西表島には西表山猫が生息しています。猫は猫でも西表山猫は個 性的です。遥か昔に大陸から陸続きだった頃に移ってきた山猫は、 自然のだいへんかの中で生き残ってきました。蛙をとかげをネズミ をと生き残る為に、試行錯誤の結果として現在の生態となっている ようです。マングローブの木も海水を吸収し、余分な塩分は特定の 葉っぱに集め、その葉っぱはマングローブの足元にいる貝が食し、 その貝を他の生物が食し、その生物を山猫が食するという食物連鎖 の頂上にあるといわれています。 山猫もマングローブも自らを守り、自らに集まる他の生物に欲しい ものを与え、何千年なのでしょう、西表島は生きています。人は自 分の為に欲望を満たそうと感情で動きます。その後のことを考えて動く人も多少はいると思いますが、ほ とんどの人は目先の欲望で行動を起こすのではないでしょうか。そ れをいいとか悪いとかの判断を下す意向はありません。西表島での 動植物の生態を観察していくと、すべての生き物の欲望を満たしな がら、多過ぎることもなく少な過ぎることもなく、各々の生態の必 要を満たし、動植物の島のメカニズムを維持され続けているようで す。今話題の温暖化とか海の汚れにより、このメカニズムはまた変 わっていくことと思われます。あるいは自然淘汰されるのかもしれ ません。目先の欲望を満たそうとする人類も、またひとつのメカニ ズムなのかもしれません。お金だとか物だとか学歴、地位や財産が 優先順位のトップだった時代は、今や目には見えないエネルギーと か思いやりといった心の時代に、間違いなく入ってきているようです。 そのためには西表島が数千年に渡り試行錯誤してきたように、人間 もそうした流れを渡ったその先にこそ満ち足りた充足感を味わうこ とができるのではないでしょうか。私達は少しでもお役に立てるよ う、今年も前に進んでいきたいと思っております。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-29 08:15:00

当たり前というけれど

ここのところ、暇を見つけてはガンに関する本を読んでいます。こ れに関する本は多数あるので好奇心の虫は止まらないのが現状です 。今この虫がフォーカスしているのが白血球です。血液には赤血球 、血小板、白血球等々とあります。白血球といえば免疫力です。免 疫といえばコロナでお馴染みの誰もが関心を寄せるものかと思いま す。白血球にはマクロファージュ、顆粒球、リンパ球とあるそうで す。顆粒球は自律神経の交感神経に、リンパ球は副交感神経にそれ ぞれ強い影響を与える存在なのだそうです。 顆粒球の多い方はガン、糖尿病、高血圧、身体の硬直、老化促進、 肌のしみそばかす等の促進に役立つのだそうです。リンパ球の多い 方は低血圧、アトピー、気管支喘息、花粉症を代表とする症状が列 挙されるようです。どっちが多くても少なくても上手くいかないと書かれています。いずれが 偏っていても冷えの症状もあるのだそうです。つまり、どっちが多 くても少なくても免疫力は発揮されないということだそうです。 なんか自然界の、人間界の、経済界も対人関係も、どうもこれと同 じじゃないかなーと感じている私です。プログラムを進めていく中 で、進行したいのに進行を止めたり逆向きに進行しようとする人が います。頑固というか執着が強いというのか、動かないのか動けな いのかは分からないのだけれど…。保守的というか自信があって揺 らがないのかもしれません。ガンの本では、自律神経の交感神経と 副交感神経は時間により季節により状況や環境に応じて、どんどん 変化していくのが肉体においても精神においても、その方の周りの 人達においてもらくで気持ちのいい時間が過ごせると書いてあります。そ ういう事であるならば、縦横無尽に生きていくのは過ごしていくと いうことは、ガンにも糖尿病にもアトピーにも花粉症にもならない ということになってしまいます。これは本当に困ったことですね。 周りにはこうした方々がいっぱいいっぱいおります。そのくせご本 人様は、花粉症があるだけよ、私はひどく健康よ。という声も聞こ えてきます。医学書に嘘はないと思います。まあ本人がそう思って いるのなら、それでいいのかもしれません。誰もが自分のことを正 しいと思っているわけであって、バカとかアホというのはその人の 基準に合わないということでしょうから…。

いずれにせよ、こうし たブログを引き続きご覧いただき一年が過ぎようとしています。

この一年間、誠にありがとうございました。引き続き来年もよろしくご贔 屓のほどをお願い申し上げます。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-22 08:33:00

分かっていても

大阪北新地の火災事故か事件か、亡くなられた25名。コロナを始 め、この星では様々な変化が生じています。日本の冬はエルニーニ ョかなにかでいつもより寒くなりそうだし、クリスマスとかお正月 とかのありふれたいつもの行事が存在感を薄くしています。 香港での選挙では、習近平体制の圧力により投票率がうんと減って います。金利の問題もありますが世界中の経済も不安定です。庶民 のお財布が一層不安定なのも道理かもしれません。流行があるかと 思えば廃れていくものも多くあります。世間様に合わせようとして 新たなものを身に付けたり纏ったりと自分の意思や考えを横に置い て世間様に合わせたとしても、すぐに新たなものが出現してきます 。その新たなものにまた合わせていると、またすぐに別の新たなも のも出現してきます。そのうちに自分て自分の意思ってあったんだっけ、なかった んだっけなんて考えてしまうこともあったりして…。ついついSN Sや知り合いや仲間の言うことを聞いて右往左往して年月が流れて いくというのもあります。そうした時こそ雑誌やテレビの占星術。 タロットも良いかもしれません。なるったけ自分自身で責任をとら ないように面倒臭くないように過ごしたいものです。 そうした以上は、うまくいかなかったとか面白くなかった、恨み辛 みや復讐とか逆襲を考えるのもごくごく当然のことと思われます。 そうした貴重な体験をひとつひとつ積み重ねていくことで、目には 見えない世界の法則に少しずつ少しずつ関心を寄せてくる人もいる わけです。そうなってくると最近テレビや特集記事によく出てくる ドライブレコーダーから拾い集めた接種事故やあおり運転から生じたケンカやいじめの数 々、組織内や家庭でのトラブル、最初に載せた火災死亡事件に関し ても引き寄せの法則にはまってしまう現実があります。 そんなの偶然だよという声もあります。目には見えない世界の法則 を追求していくと、偶然とはないといわれています。全ては必然と して出来事は起こっているといわれています。否定的でも肯定的で も偶然はないということです。あなたはこの瞬間に何を誰を引き寄 せているのでしょう。神田さんの件はどうなんでしょう。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-17 08:28:00

分かってみれば

前回このブログに載せた3人組の女性集団の一人が、ちょうど1週 間後にお目見えになりました。こっちとしてはなんか文句言われち ゃうのかな。殴られたりしないよなと思いながら、なんつったって 気の小さい私です。今の女性達は強いし怖いし、中には迫力ある人 いるし…時折お前と戦いに来たんだというような雰囲気の人もいま す。私は穏やかな日々を、らくで楽しい日々を送りたいのです。こ ちらを威圧したり迫ってくる人は、仕事とはいえ勘弁してもらいた いものです。と思っていたところ、態度が一週間前とえらく異なっ ています。あー助かったと内心思いながら席に着きました。簡単に 言うのならば、今までに自分が思い描いていた天動説と地動説。言 い換えれば自分軸と他人軸というものが、どのようにどんな風に異 なっているのか。それが分かってしまうと、すぐに実行できるかできないか 等という重箱の隅っこをつつくような、そうしたどうでもいいどう にでもなるようなことに目を向けて真面目に、 律儀にやっていた生きていた自分自身が、全く持ってもうアホくさ いじゃないか。なーんてことを報告したいと思って来たんだという ことでした。そうなんです態度が全く違っているのです。ただ残念 なから他の2名はまだよく分からないでいるというお知らせも頂戴 いたしました。これで殴られずに済んだ私こそ、何よりも安心して ほっとしています。ある意味女性恐怖症になっているのかもしれま せん。そういう過去を思い出しています。 自分軸と他人軸と書くと、えらく簡単ですが、 今までの生き方過ごし方により、これはすごく簡単でもありすごく 難しいことなのかもしれません。何れにせよこれを体得しない限りはら くで楽しい人生にはなり得ないと確信しています。だからこそ嫌わ れようが文句をいわれようが、自分自身に正直に誠実に、それは人 様に対しても同様にこれからも歩んでいくこととなります。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-09 08:31:00

分かってくると

先日、3人連れの方がお越しになりました。3人おられると、結構 こっちが圧迫です。この方々はよく本を読みよくブログも分析して います。当然ながら他所様の情報も取っています。彼女達流のラン ク付けもしているようです。こちらに来られたということは…なん か怖いななんて思っていたら、ご本人達にもハッキリお伝えいたし ましたが、ベースメントが曖昧なため、どうしても感情論が優先さ れています。感情論が悪いとは言いませんが、感情論が一番ブレて いく原因です。そのためベースメントが安定しにくいために正確さ が低下します。その辺の思いがあったからこそ一人ではなく3人で 来られたのかなと推察しました。もちろん守秘義務がありますので 内容をここに載せることはできませんが、 ちょっと参考にしていただける点だけならと思っております。
朝になったら東を向いて太陽の登ってくる合間を祈ったり、ヒーリ ングだとか癒しだとかとありとあらゆるものがあります。鰯の頭も 信心からと昔からいわれるように、ご本人様がそれで宜しいのなら 、第三者がとやかくいうことではないのは当然です。そうした自然 に対する神秘とかも含め、だからこうなんだ。そういうことでこう なるんだというのに納得する方ならいいのですが、 こちらに来られる方のほとんどはそうではないのです。とことん自 分自身に正直に誠実にありたい、納得したいという方が多いのでし ょうか。そうなるとベースメントが非常に重要になります。その周 りのデコレーションなんて、いつでもいくらでも付け加えることが できます。ベースメントはそんなチャラチャラではありません。か といって難しいというわけでもありません。ほとんどの方がおっしゃる難しいというの は、今回お越しになられた方々と同様にベースメントを曖昧にした まま、チャラチャラしたところに皆さんものすごいエネルギーを投 下して、私頑張っているのよ、私は命をかけるくらいに一生懸命な のよとなっているようです。そうなればなんか充実感があるし、こ れだけやったんだから大丈夫よとかとトリックに入っていく方もお られます。こちらからすると、そんなに片意地張らなくてもいいだ ろうに…そんなにシリアスにならなくてもなー…なんか受験勉強し てるみたい…のような方が多くいます。それで手に入ればいいので すが…。この辺は分かっている方ならお分かりでしょう。本当に手 に入れたいのなら、バシャールがいう針の穴を通りたいのならば、 やり方がやはりあるということです。3人連れでも5人連れでも不安な らば複数でお越し下さいませ。誠実に対応致したく存じます。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...