ブログ

2022-02-03 07:34:00

私が欲しいもの

こんな方がおられます。30代後半のサラリーマン。当方と縁を持 たれて時間が経っております。小笠原理論の書かれていないことも 理解している方です。こちらと縁を持つ以前には、千円のハンバー ガーよりマクドナルドのハンバーガーの方が美味しいじゃないかと 豪語する人でした。幼少時より養われてくる味覚とは、 非常に保守的だと思います。新しいもの、 異なったものを毛嫌うのは自分を守る為には、そりゃあ当然だと思 います。不安や恐怖、猜疑心等々を乗り越えて冒険するなんて… そんなのとんでもない、このバカたれが。そういう方がこちらに来 られて時間が経過しているのも面白いものです。さて、この方が連 れと共にロシア料理屋さんに行ったのだそうです。ひとつは新宿、 もうひとつは浅草。連れの方は両方共とっても美味しいじゃないとの事。こちらが耳にしたのが、連れは両方うま いというけれど、私はそうは思えないとの事です。最初は好みだと か気分のせいじゃないと軽く思っていたのだけど…本人は真剣です 。クリームスープやらストロガノフがこんなに差があるのかという のです。お袋が作ってくれた肉じゃがは形は変だけど定食屋の肉じ ゃがより心があるといった感覚というエネルギーの違いなのか…。 ホスピタリティーも異なっていたそうです。店の個性だからと話を 終えても良かったのです。そうはいきません。 小笠原理論を理論だけで終わる人もいます。理論だけでは飽きたら ず、積極的に行動する方もいます。形だけで納得する方と形も必要 だけど気が入っているかどうか…。楽で楽しいという意味が全然異 なっている事に気がつく方です。これを実行していくと、みんな変わっちゃうんだ。意識が 変わると精神が肉体が好みが味覚が…みんな変わっちゃうんだ。連 れには理解できないのが自分にはわかっちゃったんだ。これが選択 のひとつなんだ。そしたら他にもいっぱいいっぱいあるってことに なる。新宿の店なら時間もお金も心も使っても悔いはない。こうし た選択の積み重ねが大きく変わってしまうことだという事を認識な さったようです。そして最後に言っていました。努力なんていらね ーじゃねーか…でした。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2022-01-28 08:09:00

立春の前に

あれは…中国の武漢で都市閉鎖が始まったのが1月23日だったで しょうか。なんと2年以上経過しています。中国の習近平体制では 0コロナが方針。その方針は、始めは良かったものの… やはり続きません。上からの命令というパワーコントロールがキー プオンされないという事がほぼ証明されています。中国の古典であ る三國志の中でも証明されているように、コントロールが続けば必 ず反乱が起こります。自然の法則というと何か難しく受け止める人 もいますが、単にエネルギーの流れだけではないでしょうか。
ある宗教家にお会いする機会がありました。その方いわく、100 人いれば神様を信じない方は80人だそうです。残りの20人の中 で神様にお願いを託し信じ続ける事のできない人が8割だと言って います。100人ですから残りは4人。別の言い方をするならば… 神様という習近平様様がパワーコントロールしても、言うことを聞 く人は4人位だろうと思われます。この4人で中国全土をコントロ ールする事が可能か否か…。では96人の人達は何を信じているの でしょうか。これは言うまでもなく、人が集まるところではどこで も同じ事が言えるように思われます。フランス、ベルギー、ロシア や南米を見てみてもこの割合が当てはまる行動が報道されています 。今までにどうやって生きていこうかと思った場合、おおかたは世 間並みにと考えそれなりに名の知れた学校や大学に進み、それなりに名の知れた会社に入ったり 公務員になったりして、あとはたっぷり面白いこと、楽しい遊びや ゲームに埋没していたのに…コロナか何かわかんないけど国民全体 の行動にブレーキがかかっちゃって…。 さてどうしようかと行動の取れる人とは、前々から世間並みとか人 が言うからではなく、自分がどうしようかどうしたら良いかと日々 考えてきていた人ではないでしょうか。パニクったり思考停止にな ったり政治家に責任転嫁したり自治体に文句言ったりしてきた人達 は…なのではないでしょうか。このブログを通して足を運ばれる方 々は、真剣に誠実に自分の事を、自分の国を、自分のこの星を考え ている人達なんだなと感じさせて下さいます。なんと言ってもその ためには自分自身が自分自身の事をある程度は明白でないと、なかなか動けないのではないかと思 わせて下さいます。より明白により楽しくしてくれるのは、なんと 言っても自分自身でしかないでしょうし…。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2022-01-20 08:18:00

悩みの本質

早くも1月も後半です。21日の初弘法に行けるやら行けないやら 。東寺で食べるきつねうどんが恋しくて恋しくて…。ついついつい でに食べてしまうかやくご飯もやめられまへ~ん。あなたの1月の 楽しみは何でしょう。2月になれば節分です。本来の新年です。 何かを企てているのなら、今は準備段階。2月に入ってから開始に なさるのがおすすめかと思います。ここで行っているプログラムや らカウンセリングを受ける方の中には、 せっかちな方が多いのです。何かをしようと思うのなら、多種多様 な準備や予測、言うまでもない状況判断やタイミングも読まなけれ ばなりません。それこそ目には見えない世界の法則とかエネルギー の流れなども読んでいないと、出さなくてもいいお金やらしなくて もいい事柄も多々出てくるものです。何かを始めるのなら、やはりうまくいきたいものです。みんながスマホ を持っているからといってスマホを持ったとしても、 そりゃあ便利といえば便利だけど、思うほどには使ってはいない人 が多いと聞きます。洋服やらバッグやらで同じような体験をなさっ ている方も多いかもしれません。そうした必要としない買い物をし たことを認めたくない事から、いつか使うわよとか持っているだけ で私は幸せだからと言っておきながら、 メルカリに並んでいる事も多いと聞きます。人間の欲望という絶え 間なく続くこのwant。かと思えばないと不便だし生きていく上 には必要なものもあるのは事実です。このWantとneedとの 葛藤というか優先順位というか、この境界線を引くのは大変ややこ しく面倒くさい現実を私達は毎日、そして毎日やっているのではないでしょうか。そんなの簡単だよという人もいますが、時の流 れは早くどんどんと変わっていきます。その時その時に生きている 私達にとっては、決して簡単とは言い難い毎日のような気がいたし ます。これを本当に簡単に出来ているとしたなら、そりゃあラクで 楽しく快適な瞬間を毎日送っている事でしょう。言ってみれば、 これが出来ないために悩んだり苦しんだり、遠回りや無駄な出費も 含めて、頭の中がとぐろを巻いてしまうように思います。さて、こ れが解決できたならいいですよね。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2022-01-11 08:32:00

一年の抱負

沖縄県石垣島から船で何時間かかるのでしょう。西表島があります 。西表島には西表山猫が生息しています。猫は猫でも西表山猫は個 性的です。遥か昔に大陸から陸続きだった頃に移ってきた山猫は、 自然のだいへんかの中で生き残ってきました。蛙をとかげをネズミ をと生き残る為に、試行錯誤の結果として現在の生態となっている ようです。マングローブの木も海水を吸収し、余分な塩分は特定の 葉っぱに集め、その葉っぱはマングローブの足元にいる貝が食し、 その貝を他の生物が食し、その生物を山猫が食するという食物連鎖 の頂上にあるといわれています。 山猫もマングローブも自らを守り、自らに集まる他の生物に欲しい ものを与え、何千年なのでしょう、西表島は生きています。人は自 分の為に欲望を満たそうと感情で動きます。その後のことを考えて動く人も多少はいると思いますが、ほ とんどの人は目先の欲望で行動を起こすのではないでしょうか。そ れをいいとか悪いとかの判断を下す意向はありません。西表島での 動植物の生態を観察していくと、すべての生き物の欲望を満たしな がら、多過ぎることもなく少な過ぎることもなく、各々の生態の必 要を満たし、動植物の島のメカニズムを維持され続けているようで す。今話題の温暖化とか海の汚れにより、このメカニズムはまた変 わっていくことと思われます。あるいは自然淘汰されるのかもしれ ません。目先の欲望を満たそうとする人類も、またひとつのメカニ ズムなのかもしれません。お金だとか物だとか学歴、地位や財産が 優先順位のトップだった時代は、今や目には見えないエネルギーと か思いやりといった心の時代に、間違いなく入ってきているようです。 そのためには西表島が数千年に渡り試行錯誤してきたように、人間 もそうした流れを渡ったその先にこそ満ち足りた充足感を味わうこ とができるのではないでしょうか。私達は少しでもお役に立てるよ う、今年も前に進んでいきたいと思っております。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-29 08:15:00

当たり前というけれど

ここのところ、暇を見つけてはガンに関する本を読んでいます。こ れに関する本は多数あるので好奇心の虫は止まらないのが現状です 。今この虫がフォーカスしているのが白血球です。血液には赤血球 、血小板、白血球等々とあります。白血球といえば免疫力です。免 疫といえばコロナでお馴染みの誰もが関心を寄せるものかと思いま す。白血球にはマクロファージュ、顆粒球、リンパ球とあるそうで す。顆粒球は自律神経の交感神経に、リンパ球は副交感神経にそれ ぞれ強い影響を与える存在なのだそうです。 顆粒球の多い方はガン、糖尿病、高血圧、身体の硬直、老化促進、 肌のしみそばかす等の促進に役立つのだそうです。リンパ球の多い 方は低血圧、アトピー、気管支喘息、花粉症を代表とする症状が列 挙されるようです。どっちが多くても少なくても上手くいかないと書かれています。いずれが 偏っていても冷えの症状もあるのだそうです。つまり、どっちが多 くても少なくても免疫力は発揮されないということだそうです。 なんか自然界の、人間界の、経済界も対人関係も、どうもこれと同 じじゃないかなーと感じている私です。プログラムを進めていく中 で、進行したいのに進行を止めたり逆向きに進行しようとする人が います。頑固というか執着が強いというのか、動かないのか動けな いのかは分からないのだけれど…。保守的というか自信があって揺 らがないのかもしれません。ガンの本では、自律神経の交感神経と 副交感神経は時間により季節により状況や環境に応じて、どんどん 変化していくのが肉体においても精神においても、その方の周りの 人達においてもらくで気持ちのいい時間が過ごせると書いてあります。そ ういう事であるならば、縦横無尽に生きていくのは過ごしていくと いうことは、ガンにも糖尿病にもアトピーにも花粉症にもならない ということになってしまいます。これは本当に困ったことですね。 周りにはこうした方々がいっぱいいっぱいおります。そのくせご本 人様は、花粉症があるだけよ、私はひどく健康よ。という声も聞こ えてきます。医学書に嘘はないと思います。まあ本人がそう思って いるのなら、それでいいのかもしれません。誰もが自分のことを正 しいと思っているわけであって、バカとかアホというのはその人の 基準に合わないということでしょうから…。

いずれにせよ、こうし たブログを引き続きご覧いただき一年が過ぎようとしています。

この一年間、誠にありがとうございました。引き続き来年もよろしくご贔 屓のほどをお願い申し上げます。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...