ブログ

2022-07-14 07:30:00

曇りのち晴れ

あの30分の機械って、なんて気持ちいいの。あんたんところから帰ってだいたい6時間後だと思うけれど、寝る時まで気持ちいいし、朝起きた時もいつもと違うのよと宣いながら、前回取り上げましたアラフォーの女性が3日後に顔を出して来ました。

手入れのゆき届いた艶やかな髪、仕立てのよい服を身に纏い、落ち着いた所作でソファーに腰を降ろす姿からはいかにも仕事ができそうな雰囲気が漂っています。

粗暴で大雑把な私としては、なんか少し面倒くせーなーと思いつつも、そういう出で立ちと雰囲気は、その人自身ですからそのままに受容した上で対応していくだけではあります。

今回の話の種も顕在意識と潜在意識に話が進んでいます。
この方にしてみれば、社会生活を営む中で、迷うことなく疑うことなく当たり前に口から出る言葉や所作に至るまで、なんの疑問も疑いも持つことなく、本人の言葉を借りるのなら、自然に話してるだけと思っているけれど…。
無意識と言われている潜在意識の具現化が顕在意識だと言うのなら、それは自然でもなんでもなくその人の観念なり考え方の一部を表現したものが顕在意識だという辺りに賛同を得た感じです。
その潜在意識がごちゃごちゃしているし、まとまりがなくなってきちゃったので、顕在意識でイライラ、ぶつくさとなっているという事は認めてきました。
だからこそ機械をうけると、たぶん頭の中で整理整頓が進み、要らないものを抵抗なく手放すことを、たかが機械で実感し、かつ気持ちいいという人間の本能的欲望を満たせたことで、楽しくなってきてしまったようです。
また来ると言っています。

2022-07-07 07:46:00

陽が射してきた

アラフォーと思われる女性が前触れもなく入ってきました。
このブログをただただ見続けている人なのだそうです。
あら意外と穏やかなところなのねという発言から始まり、あれやこれやと時間が過ぎていきます。
たまたまお一人が帰る寸前だったので、タイミングは良かったようです。
顕在意識とか潜在意識という言葉が連発されています。
顕在意識なんて氷山の一角なんでしょ。
その下にある潜在意識の膨大な量ったら…。
どうも人間関係に苦労しているようです。
アラフォーですから板挟みとか下からの逆襲とか同棲からの嫉妬や嫌がらせ、ご本人のコンプレックスや願望とかもあるのでしょうね
なんせ気の小さい私です。
アラフォーといえば魅惑的だし表面上は私、私と我を張ってきていないしどう対応していいか困ってしまいます。
要は顕在意識とは建前であり社交辞令も含まれた表面上の調和的な表現でしょう。
そうした言葉や行動を演出しているご本人様の内側の潜在意識さんは、面白くねぇなとかお前バカかよとか気のきかねぇ奴だな、さっきすれ違った男は好みだったよなとかさっきのシュークリーム帰りに何個買おうかなとかと表面上は結構シリアスでも、内側は限りなくまあ色んな事を思っているものです。
ところが第三者がそれを言おうものなら、100%否定してくるのは誰もがご存知でしょう。
まあそんな話をしながらも、ご本人様はこの顕在意識と潜在意識を絡めながら自分の欲しいものを何とか手にしたいと考えているようです。
もちろん小笠原理論にはその答えとノウハウはありますが、それを出したところで素直に受け止めるのでしょうか。
らくで楽しく力を入れる事なく生きていくと言うのは、顕在意識と潜在意識がケンカしないで仲良くしている事なのじゃあないのでしょうか。
そうした人が多ければ多いほど戦いや争い事もなく日々の営みを過ごしているものと思います。

2022-06-30 07:11:00

北宋から

奴隷、兵隊、人間というランク付けが先輩後輩というもの。
漫才や落語、お相撲さんや料理人の世界、職人の世界も官僚や会社組織、茶道や華道も人が集まるところではどこでもこうした上下関係が存在しているようです。
前回のものもそうですが社会がそうなっています。
ものを売る世界では売上が中心、シェア獲得とか世界進出を含め資本主義社会の中で私達は生きています。
普通にいうといい学校や会社に入って役職につく。

ものを売って儲けるのではなく社会のニーズに応じて多くの人の役にたち喜んで下さることでお金が入ってくる。
商いをしているのではなくニーズに応えただけということでしょうか。
前回のブログもそうですが今回書いていることも、その根底にあるものがあります。

それを認識してやっているのか、それをただ当たり前とか普通だと思ってただやっているのかの違いは多大なものがあります。
GAFAはこれを意識的にやって成功した人達です。
ごくごく当たり前にやっている日々の出来事が何から生じてきているのかがはっきりと分かっていれば、実際にやることは同じであったとしても結果という収穫は相当な差になってしまうことが想定できます。
気分も楽だし、実際に楽しいし未来も開けてきます。今現在戦争や紛争が起こっているところは、国でも会社でもグループでも夫婦でもこれとは違っているということでしょうか。

ではこれというのが難しいものでは困ります。

簡単でないと需要しにくいことになります。

ここでやっている事は上記の通りなのですが、受け止めて下さる方々が、どうもいつも難しくしてくれるために、理解されにくい存在となっているようです。

寂しい話しです。
メカニズムが分かれば変わります。

実際にやっている人が証拠です

2022-06-23 07:58:00

社会システム

小学4年生の女の子が聞いてきます。どして学校に行かなきゃいけないの。
勉強しなくちゃいけないの。
家のパパもママもいい加減なのに私に威張ってじじやばばのご機嫌とってるの。
なんで女の人は偉くなっていないの。
20代OLが言います。
なんで要領の良いのが役職ついて、本当は能力ある人が下にいるんだろう。
男女平等と言っているけど本当は違う。
賃金もそうなってる。
お金で何でも手に入るなんて思っている人がまだいる。
人間が対等だと言っても絶対的に需要できない人もいる。
口にしないけど勝ち組負け組とかまだ結婚してないとか子供の有無を論じてランク付けしてくる人もいる。LGBTは人間じゃないという人もいる。
小さい頃から周りの人達にそういうものだと言われてきているし、それに疑問を出すと叱られたりダメな子と判断されて差別されるので、大人の顔色を見ながら育ってきていくうちに、自分自身もそういうものだと定義づけた価値観となっている事に疑問も挟まずに当たり前だと思っている自分がいる。
こうした価値観というか文化というものがいつから根付いてきているのでしょう。

そう言えば織田信長が比叡山焼き討ちにしたことが、宗教弾圧だと思っている人が多いようです。
歴史の見方からすると、宗教弾圧は大きな間違いだと言われています。信長の真意を理解している人がどれだけいるのでしょう。

 

2022-06-16 07:16:00

幸せの分岐点

リンナイガスコンロが壊れちゃったのかな。
火はつくけどすぐに消えてしまう。何度やっても同じ現象の連続…
今夜の夕食の準備が、煮込みの続きができないかな、明日の弁当の準備もあるし…どうしよう。
 


ラジオを聞いていたらこんな話しが耳に入ってきました。
それは都内のゴミを収集している人の生の声です。所得の高い人が住んでいると思われているエリア。所得が低いと思われている人が住んでいるエリア。
この2つのエリアを回収しているのだけど、自分が思っていたこととありのままの現実というものが目の当たりに見れる仕事なんだそうです。

また、法律の都合から、一旦廃棄された、捨てられたものに対して品物に対して、回収するものは間引きや好き嫌いで自己所有した場合、解雇と罰則があるのだそうです。
さて、どんなものが捨てられているのでしょう。
最初の所得が高いと思われているエリアでは、なんとゴミの量が少ないというのです。
しかもどの家庭からでも出ると想像できるものしか出されていないというのです。
所得が低いと思われるエリアのゴミは、なんと量がとにかく多いのだそうです。
新品と言っても構わないと思われる洋服の種類。たぶん100円ショップで購入されたと思われる品々。

しかも使われた形跡のないものも多数あるというのです。

袋から開封されていない食料品、期限切れかもしれないけれど開封されていないレトルトやパックの品々

一般ゴミもあるとはいえ、とにかく捨てられてしまうゴミが多いと言っています。

 


小田急線の高架下にある日用雑貨品店でリンナイにしようかパロマにしようか悩んでしまいます。
一万円台から6万円台まで色々です。お店のクロークに色々と聞いてみました。
するとなんということでしょう。
最近のガスコンロは、天ぷらでの火事、放っりぱなしであったり忘れたりする人の為に、安全対策として鍋が250℃に達すると、自動的にガスが切れるように設計されているよ。
そんなこと知らないのというような呆れた雰囲気で優しく教えて下さいました。
2万円の出費がなくなってしまいました。
半信半疑ながら家に帰ってみると、ガスコンロはなんともありません。

小田急さんのいう通りです。人の話しは情緒的な感情は横に置いて、冷静に客観的に耳を傾けるものだと反省しています。
ここのプログラムでwantとneedという言葉を頻繁に使っています。
どっちを取るかはご本人様の選択ですが、何気なく無意識に誰もがやっているのでしょうね。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...