ブログ

2021-12-22 08:33:00

分かっていても

大阪北新地の火災事故か事件か、亡くなられた25名。コロナを始 め、この星では様々な変化が生じています。日本の冬はエルニーニ ョかなにかでいつもより寒くなりそうだし、クリスマスとかお正月 とかのありふれたいつもの行事が存在感を薄くしています。 香港での選挙では、習近平体制の圧力により投票率がうんと減って います。金利の問題もありますが世界中の経済も不安定です。庶民 のお財布が一層不安定なのも道理かもしれません。流行があるかと 思えば廃れていくものも多くあります。世間様に合わせようとして 新たなものを身に付けたり纏ったりと自分の意思や考えを横に置い て世間様に合わせたとしても、すぐに新たなものが出現してきます 。その新たなものにまた合わせていると、またすぐに別の新たなも のも出現してきます。そのうちに自分て自分の意思ってあったんだっけ、なかった んだっけなんて考えてしまうこともあったりして…。ついついSN Sや知り合いや仲間の言うことを聞いて右往左往して年月が流れて いくというのもあります。そうした時こそ雑誌やテレビの占星術。 タロットも良いかもしれません。なるったけ自分自身で責任をとら ないように面倒臭くないように過ごしたいものです。 そうした以上は、うまくいかなかったとか面白くなかった、恨み辛 みや復讐とか逆襲を考えるのもごくごく当然のことと思われます。 そうした貴重な体験をひとつひとつ積み重ねていくことで、目には 見えない世界の法則に少しずつ少しずつ関心を寄せてくる人もいる わけです。そうなってくると最近テレビや特集記事によく出てくる ドライブレコーダーから拾い集めた接種事故やあおり運転から生じたケンカやいじめの数 々、組織内や家庭でのトラブル、最初に載せた火災死亡事件に関し ても引き寄せの法則にはまってしまう現実があります。 そんなの偶然だよという声もあります。目には見えない世界の法則 を追求していくと、偶然とはないといわれています。全ては必然と して出来事は起こっているといわれています。否定的でも肯定的で も偶然はないということです。あなたはこの瞬間に何を誰を引き寄 せているのでしょう。神田さんの件はどうなんでしょう。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-17 08:28:00

分かってみれば

前回このブログに載せた3人組の女性集団の一人が、ちょうど1週 間後にお目見えになりました。こっちとしてはなんか文句言われち ゃうのかな。殴られたりしないよなと思いながら、なんつったって 気の小さい私です。今の女性達は強いし怖いし、中には迫力ある人 いるし…時折お前と戦いに来たんだというような雰囲気の人もいま す。私は穏やかな日々を、らくで楽しい日々を送りたいのです。こ ちらを威圧したり迫ってくる人は、仕事とはいえ勘弁してもらいた いものです。と思っていたところ、態度が一週間前とえらく異なっ ています。あー助かったと内心思いながら席に着きました。簡単に 言うのならば、今までに自分が思い描いていた天動説と地動説。言 い換えれば自分軸と他人軸というものが、どのようにどんな風に異 なっているのか。それが分かってしまうと、すぐに実行できるかできないか 等という重箱の隅っこをつつくような、そうしたどうでもいいどう にでもなるようなことに目を向けて真面目に、 律儀にやっていた生きていた自分自身が、全く持ってもうアホくさ いじゃないか。なーんてことを報告したいと思って来たんだという ことでした。そうなんです態度が全く違っているのです。ただ残念 なから他の2名はまだよく分からないでいるというお知らせも頂戴 いたしました。これで殴られずに済んだ私こそ、何よりも安心して ほっとしています。ある意味女性恐怖症になっているのかもしれま せん。そういう過去を思い出しています。 自分軸と他人軸と書くと、えらく簡単ですが、 今までの生き方過ごし方により、これはすごく簡単でもありすごく 難しいことなのかもしれません。何れにせよこれを体得しない限りはら くで楽しい人生にはなり得ないと確信しています。だからこそ嫌わ れようが文句をいわれようが、自分自身に正直に誠実に、それは人 様に対しても同様にこれからも歩んでいくこととなります。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-09 08:31:00

分かってくると

先日、3人連れの方がお越しになりました。3人おられると、結構 こっちが圧迫です。この方々はよく本を読みよくブログも分析して います。当然ながら他所様の情報も取っています。彼女達流のラン ク付けもしているようです。こちらに来られたということは…なん か怖いななんて思っていたら、ご本人達にもハッキリお伝えいたし ましたが、ベースメントが曖昧なため、どうしても感情論が優先さ れています。感情論が悪いとは言いませんが、感情論が一番ブレて いく原因です。そのためベースメントが安定しにくいために正確さ が低下します。その辺の思いがあったからこそ一人ではなく3人で 来られたのかなと推察しました。もちろん守秘義務がありますので 内容をここに載せることはできませんが、 ちょっと参考にしていただける点だけならと思っております。
朝になったら東を向いて太陽の登ってくる合間を祈ったり、ヒーリ ングだとか癒しだとかとありとあらゆるものがあります。鰯の頭も 信心からと昔からいわれるように、ご本人様がそれで宜しいのなら 、第三者がとやかくいうことではないのは当然です。そうした自然 に対する神秘とかも含め、だからこうなんだ。そういうことでこう なるんだというのに納得する方ならいいのですが、 こちらに来られる方のほとんどはそうではないのです。とことん自 分自身に正直に誠実にありたい、納得したいという方が多いのでし ょうか。そうなるとベースメントが非常に重要になります。その周 りのデコレーションなんて、いつでもいくらでも付け加えることが できます。ベースメントはそんなチャラチャラではありません。か といって難しいというわけでもありません。ほとんどの方がおっしゃる難しいというの は、今回お越しになられた方々と同様にベースメントを曖昧にした まま、チャラチャラしたところに皆さんものすごいエネルギーを投 下して、私頑張っているのよ、私は命をかけるくらいに一生懸命な のよとなっているようです。そうなればなんか充実感があるし、こ れだけやったんだから大丈夫よとかとトリックに入っていく方もお られます。こちらからすると、そんなに片意地張らなくてもいいだ ろうに…そんなにシリアスにならなくてもなー…なんか受験勉強し てるみたい…のような方が多くいます。それで手に入ればいいので すが…。この辺は分かっている方ならお分かりでしょう。本当に手 に入れたいのなら、バシャールがいう針の穴を通りたいのならば、 やり方がやはりあるということです。3人連れでも5人連れでも不安な らば複数でお越し下さいませ。誠実に対応致したく存じます。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-12-03 21:32:12

白菜漬けを食べながら

12月に入り、ただただ何もしなくてもやってくるクリスマスイベ ント、そしてお正月。世間様が私達に強制というか、そういうもの なんだとなっているイベントです。幸せな思いになったり不幸せな 思いになったりと生きていると、なかなか大変な時期でもあります 。1月8日を過ぎれば、過去に何があったかなんて無視して知らん 顔してていいのがこの辺りでしょうか。 このブログを始めて数年経ちますが、お越しになる方々のお悩みの 多さといったら…まるで子供が喜ぶクリスマスプレゼントよりもっ と多いものかもしれません。アングルを変えれば、それだけ色々な 人が一生懸命に頑張って生きている。思い通りにはならないけれど 、なんとか思い通りにしていこうと頑張る人。まるで燃え尽き症候 群にでもなったような力尽きた人もいます。なんのためにとかどうして自分は生きているのだろうという 人もいました。プログラムだとかカウンセリングだなんて言ってや っていますが、確かに解決してスマイル全開の人も何人も見ていま すが、何よりこちらが学べるということでしょうか。小笠原理論で 一方向性社会から多方面性社会になっていくよという、 びっくりするほどに受け入れ難いほどに色々な価値観と考え方、生 き方を拝見できる事が、こちらの最大の喜びでもあります。こちら の好奇心からインドの宗教史やギリシャの王の生き方、塩野七生さ んが書かれておられるローマ史もそうですが、人様の捉え方、 生き方が多種多様であるというのは、すごく面白いことのように思 います。そうは思いますが、核となる部分を注意深く見ていくと、 これもいたく面白いことに認識していきます。それをハリで使うツボで表現するなら、 ツボにはまると思いもしない位にうまくいってしまう。ツボにはま らないと思いもしない位に雪だるま式に大変な状況になってしまう ということでしょうか。核となる部分というのは、世界中見回して みても、バシャールでも小笠原理論でも、とにかく全く同じなんだ ということです。これに気付き認めるという段階にくるのが、なか なか大変でもあり面白いとも言える日々なのではないでしょうか。 この辺を多くの方と分かち合えたとしたならば、もっと楽しく面白 く日々は過ぎていくことでしょうね。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-11-24 08:14:00

古き新しい平戸

作家の世界では、ある意味では残念であり、時代の流れからして交 代期にもなっていたと言える瀬戸内さんの消え方だったように思え ます。生前には岩手でも京都でも、とにかく人が集まりました。い つも万単位だったのではないでしょうか。それだけ人がやればでき る事をやらないでできないできないと思っていた事を瀬戸内さんは ただ、ただ淡々とやっていた方だと思います。前回、都議会の木下 さんの保身の話を出したところ、意外な反応がいくつも返ってきま した。こちらとしては当たり前の事なので、何の反応も来ないと思 っていたのです。瀬戸内晴美さんは、講話でも小説でもインタビュ ーでも、いつも基本的に同じ事を口から出していました。あなたも 私もただの人間です。ただの動物です。欲もあれば執着もある。 嫉妬もあれば傲慢な思いもある。マウントという言葉が出回っているよう に、人より優れた秀でた存在でありたい。自然界からみれば… ですが、人とはそういうものだ。そういう自分をそういう環境をそ ういう人間関係を認識した上で、さてどうしようかというのが瀬戸 内さんのメッセージだったように思えます。 実のところ誰もが知っているそんな事のために、岩手の山奥に、新 幹線使って京都に行く人が常に万単位でいたということなのです。 言ってみれば、できないできないどうしたら良いの。瀬戸内さん教 えて。瀬戸内さん導いてというような方ばかりとは限りませんが、 ほとんどはそうだったのではないでしょうか。そうすると木下さん を悪く言えるのでしょうか。悪く言っても良いけれど、そのつけ払 うのは言った人になるって事をわかっていないのかではないでしょうか。このブログに対して、時 折メールをくださる方がおられます。一度として足を運ぶことなく 、お前らのやっている事は俺にはできてるんだ。そんなくだらねー 事やめちまえよというようなメッセージをくださる方です。 この事例をとってみてもそれが生きている事なんだ。それでどうす るというのがこのブログのメッセージです。もちろん、 非難したい人は、マウントして自己の優越に酔うのもいいのですが 、時代は変わってきています。 さて今後どうなっていくのでしょう。そんな様々な障害物があれば あるほど、日々の生活はより楽しくなってくるのが小笠原理論です 。それをどう解釈しどう理解しどう活用していくかを教えて下さっ た瀬戸内さんに、木下さんに感謝の気持ちが私は湧いてきます。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...