ブログ

2021-10-14 08:04:00

北風と太陽

最近なんだか人が来ます。先日はなんと埼玉の端っこからわざわざ来られた方がおります。交通費かかってるよなーという感じです。 なんつったって東京って暑いですねという言葉からはじまりました 。お話を伺っていると…みんな大変なんですね。格差社会というか 、中流というのですか中間層が減少してきて二極化が一段と進んできたために、矛盾や葛藤、困惑と混迷の中をくぐり抜けなければな らない。おまけにコロナもついてくる。 みんながみんなモヤモヤしてるし、先々どうしよう。 住宅ローンもあるし、いっそのこと売却しようと思ったのに、 今度は売れないし、それでも売ろうとすると…住宅ローンの方が良いのかなーというのが現実みたい。なんでわざわざ埼玉の端っこから来たかといえば、小笠原理論とは本当なんだろうか。本当ならどう踏み出して行けば良いのか。説明の中にある0 ポイントに私は本当に到達できるのだろうか。このままマイナスポイントの延長線で死んでいくのだろうか。エキスプレストレインにはまだ乗れるのだろうか。次から次へと不安と恐れが積もっていく 、まるで雪のようにのし掛かってくる。かといって芥川龍之介の蜘蛛の糸のような生き方は、私にはできない。 格差社会の上流といわれるような人々のように、人様を虫けらのように、心のない道具というか物扱いにして人間関係を持ちたいとは思はない。次から次へとマイナスの妄想の世界に踏み込んでいくのが己の道とでも信じているかのように語っています。どうせいくなら浦安にあるディズニーランドへの道の方が楽しいのかなと思っている私です。いずれにしても小笠原理論にあるように縦社会のシステムにあった観念をそのままにして目先だけ変えようとする下品な生き方ではマイナスポイントから抜け出せないのは明らかです。どんな理論でも良いだろうしご 自身の人生が納得とほどほどの満足を満たせるのなら、そうした方法があるのなら埼玉の端っこからわざわざ来たとしても、 帰り道の足は軽くなるのも必然と思います。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-10-07 08:21:00

最終列車のあとに

私…辛くて辛くて…どうしようもないんです。なんかテレビドラマ に出てくる女優さんの発言みたいな事をおっしゃる方が… 今度は来ました。ここは子供電話相談室でもよくテレビでやっているような人生相談の場でもないのですが…。世の中の人はみなさん 深刻に悩んでおられるのですね。私なんか悩みなんて一つもないのよなんて突っ張ってるお姉さんや専業主婦の方も目にするけれど、 実はお悩みを大盛の牛丼のようにお持ちのようで…。ここは小笠原 理論の本には書かれていないやり方を個人個人に合わせてやってみたらというのが本来のものなのですが、なんかお悩み相談が多くて多くて…みなさん悩んでるんですね。新たな時代の流れに乗っかっ ちゃってる人は小笠原理論でいうらくで楽しい生き方を、 すでに実行している方もおられるけれど、なんかなかなかそのへんがピンと来ないようで 、言ってみれば箱の中にずーといる方がいいよと思ってらっしゃる 方がいます。そんな事言ったら自由が丘の人に、また怒られちゃう かもしれません。サーファーが好きな人は千葉や湘南に行って楽しんでいます。スケボーが好きな人は、お巡りさんに怒られつつもス ケボーをして楽しんでいます。こちらも悩みが多くて困っている、 どうしたらいいんだろうと言ってくる人が多くおられますが、こちらとしては悩むことを楽しんでいる人もいるんだなー。サーファー やスケボーと同じように悩むという事を楽しむのもいいのかなーと だんだんそのように思うようになってきています。深刻な人は特に深刻に悩むことを楽しんでいるんだなー。小笠原理論の中にある一 節として、多方向性社会になっていくよというのがあります。そうした観念を当てはめてみると、まさしく悩みを楽しむ人達の観念という か価値観はこれなんだなーと思わせてくれます。 こちらは小笠原理論の真髄をお伝えして、新たに展開されている時 代をどう生きていけば良いかなんて言っていますが、 こうした捉え方を持つことによりワクワクした次の、そしてその次の段階へとナビゲートしていくことを楽しみとしています。 そういった意味で深刻にお悩みの方、宜しかったらご足労ください

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-09-30 08:07:00

I My Me Myself

前回前々回と来訪者の方を取り上げたところ、同じようなことで不 明な点があるのだとかもう一回というかもっとディープな部分に多 少は触れてもいいからどうだろうという意見やオファーが入ってい ます。そんなに難しい事柄でもないのだけれどどうなんだろうと思 って、ネットサーフィンというか他の方々がどのように表現してお られるのかを見てみました。色々な方が色々な表現方法でやってい るのですね。中には語りだけのものもあるし。 インスタでも盛んなんですね。みなさん素敵な素晴らしい言葉や笑 顔が写っています。人生を悟っているというか涅槃の道を歩んでお られるというか…。占星術の方々はなかなかです。 正直言ってよく分かりません。ドラゴン・ヘッドもドラゴン・ テイルもタロットも、みなさん立派なお言葉とアドバイスを含んだ内容が多彩です。それでも私にはよく分かり ません。私がバカなのかもしれません。他人軸と自分軸の事を書い てる方話してる方も大勢おられます。こちらは小笠原理論をベース としています。プログラムを受けた方が天動説である他人軸、地動 説である自分軸というものを説明はいたしますが、これは説明だけ で理解する方は少数派です。一般には頭で理解し実際に経験を重ね ていくことではじめて、あーなるほどなそういう事なのかという事 で気づきが広がっていくものと実感しております。 単なる言葉遊び、単なるわかったつもりはある意味で自分に損失を もたらします。様々なネットを見ていると、この人は実は全然わか っていないなというのは、わかっているものには明白です。 とかく関東人は見栄っ張りだといわれます。わかってもいないのにわかったわかったというの はどうでしょう。これからの時代は正直さと誠実さがメインとこち らは実感しています。だからと言ってわかったつもりのネットを批 判する意向はありません。本気で知りたいと遊びではなく真剣に理 解していきたいんだという方に対するメッセージとして受け止めて いただけたらと思っております。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-09-23 08:54:00

秋分の日から変わる?

前回取り上げた方が、もう来ないと思ったら翌日にまた来られまし た。前日は機械を無視してきたのに、今日は一時間受けたいのだけ れどいいですかと聞いてきたのです。もちろんOKして機械が終わ ったら、昨日とは別人のようにペラペラと話しはじめました。
自分の中にあるモヤモヤしたものがこれでいいのかなとか、社会が こうだからそれでいいと思っていたけど、なんか自分は違うように 感じる、カナリア諸島の噴火のように自分の中から抑えきれずに吹 き出してしまいそうな感じがある。会社に行くのが当たり前だと思っていたけど、コロナもあってリモ ートとかで会社に行かなくても良くなってきた、 それができる人はいいけど、自分はなんか踏み切れないし、家に居 るとなんか余計なことばかりしてしまってかえって情緒不安定…。
そんなことを吐き出すように話していました。こんなことも言って いました。二年前にある程度は理解した、これでなんとか巻き返し ができる。大丈夫だ…と思っていたけれど、説明の中にあった違い というものが十分には分からなかったのかもしれない。 これは経験を積み重ねていかないと仏教用語でいう、不動心、 にはなかなかなれないのかもしれない。今回はその辺をクリアした いのだけど、引き受けてくれないだろうかと言ってきました。こち らとしては表面を着飾ってチャラチャラしている人よりも、中身の ある自分を持っている人の方が、たとえ価値観が異なっていたとし ても、信頼できる人になります。相手様の価値観にはこちらは触れ ません。もっと確信となるところにフォーカスしています。それが 小笠原理論です。表面的なことを重視する人には関心がありません。この方もそうです が、多くの方がモヤモヤとしているし、右に行こうか左に行こうか という損得勘定が目に付きます。それもいいけれど、 自分の人生です。自分の人生の経営は、やはりご自身でなさるもの ではないでしょうか。こちらはサポーターに過ぎません。上手く活 用していただければお互いがラクで楽しくなります。いってみれば 、気づくか気づかないか。やるかやらないか。できるかできないか ではないでしょうか。こちらはやる気のある、目覚めたいと思う方を思いっきりサポートすることしかできないのかなーと思っております。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
2021-09-16 09:09:00

月餅の季節

曼珠沙華や金木犀が風景の一部になる季節になってきました。2年前にもこの花を見ていた頃だったと思います。ご本人様がだいたい 分かった。あとは実践してみて分からないところがあれば教えてくれという言葉を残して以来、顔を見ることのなかった方がふらりと やってきました。ちょうどコロナが始まる以前だったのでコロナで来なかったんだと弁解がましい言葉を連れてソファーに座っていま す。どうしたのと言ってもあやふやな反応をするばかりです。こちらから追求するような言い方をするのは、なんか傷つけてしまいそ うな空気です。小笠原理論を色々な方に説明していると、みなさん 頭では良く理解なさいます。インターネットでバリ島やホーチミン のフォーの屋台に並んだパクチーやライム、 イタリアのシチリア島で食されているものは良く知っていると思います。残念ながら味とか空気 の暑いやウェットだとか風が気持ち悪い、なんか受容しにくい臭いだ、嫌に青臭いというようなことは体験のないものには分かり得な い世界だと思われます。画面から見るものは都合のいい受け止め方しかできないのは致し方ないことなんでしょうね。 私達は三次元世界に生きています。パラレルワールドだとか周波数が異なると言ったって…そんなの一般的に分かるわけないのは当た り前です。そうした一般的な見方では小笠原理論は、ただのバカっ話に聞こえてしまうでしょう。例えば女と男の脳のメカニズムが異 なっていることすら知らない方には…。とは言うものの、 これを感じている方、実感として認識している方、理屈は分からな いけれどなんかギャップがあるとかどうも世間とか社会システムが一部の人のものであって、いわば当たり前というメジャーなものであって、その枠に入れないまたは入っているけど気持ちが悪いんだとか嫌なんだという意識か無 意識か良く分からないけど、満足感も達成感も充実感も見出せないと感じている方々にとって、ちょっとアングルを変えてちょっとアクションしてみると満足感なり充実感が得られてしまう。それを続 けていくかどうかはご本人様次第ですが…ふらりとやってきた方もこの辺のようです。小笠原理論は自分自身が何をやっているのか、 言い換えれば敵を知り己を知ることで戦いを有利に、勝利に導くと いう昔の言葉にある内容に似ています。ふらりとやってきた方は正直で誠実な方であって、それをこれからも続けていきたいんだなと感じさせてくれました。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...